メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
あの日を残す

長崎の証言50年/下 被爆体験、次代に 戦後世代が模索 /長崎

被爆者らと証言誌の内容を議論する山口響さん(左)=長崎市目覚町で、今野悠貴撮影

 長崎市目覚町の古びた2階建て家屋の一室が、市民団体「長崎の証言の会」の事務所だ。5月中旬、被爆者ら70~80代の会の運営委員9人が集まり、今年刊行する証言誌の内容を話し合った。編集長の山口響さん(43)=長崎市=が意見をまとめる。出席者のうち唯一の戦後生まれだ。

 長崎市に隣接する長与町出身。祖父が被爆した被爆3世だが、その体験を聞くことはなかった。1995年、進学した京都の大学の書店で偶然、初代編集長の鎌田定夫さん(2002年死去)が主宰する研究所が出した「ナガサキの平和学」を手に取り、証言の会の存在を知った。

 その後、上京して大学院に進み、帰省する度に事務所を訪ねるようになった。長崎に帰郷した12年に入会し…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1042文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです