メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

石たちのあいだで=小野正嗣

 半世紀ほど前に亡くなった彫刻家のアトリエをそのまま公開しているという美術館は、ずいぶんとわかりにくいところにあった。

 駐車場からも遠かった。どうしてそんなところが駐車場なのかと不思議に感じられるほどだった。

 こぢんまりとした一軒家が両側に立ち並ぶ道を歩いているうちに、だんだんと人の数が増えてきた。

 全員が同じ方向に向かっていたから、そのほとんどが美術館を訪れる者だと思われた。

 日差しはきつく、かなり暑かった。ショーツとTシャツにサングラスという若い男女の姿が目立った。

この記事は有料記事です。

残り1879文字(全文2116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  5. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです