メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

羽田新ルート、来年3月運用へ 騒音、安全 拭えぬ不安 住民「法的措置検討」

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、羽田空港の国際線増便のために国土交通省が計画している東京都心上空を飛行する新ルートについて、地元の関係自治体側は7日に国交省が開いた協議会で了承する意向を示した。国交省は近く正式決定し、来年3月に運用が始まる見通しだが、住民の騒音や安全への不安は消えていない。また、成田空港とのすみ分けをどのように進めていくかも課題になりそうだ。【松本惇、中村宰和】

 東京・霞が関で開かれた協議会には、東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県のほか、東京23区の特別区長会…

この記事は有料記事です。

残り2727文字(全文2974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです