メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

ジョンソン首相就任 英国の分断が招く危機=北海道大教授・遠藤乾

ロンドンの首相官邸前で演説するジョンソン英首相=7月24日、ロイター共同

 ボリス・ジョンソン氏が英国首相に就任した。彼は、3年前の英国民投票において欧州連合(EU)離脱派が勝利した際の立役者だった。前途は多難である。

 問題は、彼が離脱派であること自体にあるわけではない。残留に票を投じたメイ前首相は、うまくこの争点を扱えなかった。投票結果を踏まえれば、むしろ離脱派の首相の方が国論をまとめやすいのかもしれない。

 しかし、彼の場合、そうなる見込みは薄く、分断を深めそうである。まず、信頼性の問題がある。国民投票で…

この記事は有料記事です。

残り2814文字(全文3033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです