メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
激動の世界を読む

ジョンソン首相就任 英国の分断が招く危機=北海道大教授・遠藤乾

ロンドンの首相官邸前で演説するジョンソン英首相=7月24日、ロイター共同

 ボリス・ジョンソン氏が英国首相に就任した。彼は、3年前の英国民投票において欧州連合(EU)離脱派が勝利した際の立役者だった。前途は多難である。

 問題は、彼が離脱派であること自体にあるわけではない。残留に票を投じたメイ前首相は、うまくこの争点を扱えなかった。投票結果を踏まえれば、むしろ離脱派の首相の方が国論をまとめやすいのかもしれない。

 しかし、彼の場合、そうなる見込みは薄く、分断を深めそうである。まず、信頼性の問題がある。国民投票で…

この記事は有料記事です。

残り2814文字(全文3033文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです