ミャンマー

ロヒンギャ迫害 国軍企業制裁を 国連調査団報告書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」への迫害問題で、国連人権理事会の調査団は5日、ミャンマー国軍系企業に金融制裁を科すよう、国連安全保障理事会や加盟国に求める報告書を発表した。国軍のビジネスが、人権侵害を伴う作戦を資金面で支えていると指摘している。

 報告書によると、国軍系の「ミャンマー・エ…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

あわせて読みたい

注目の特集