メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「第三国も対象」警告 ベネズエラ制裁強化で

 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は6日、南米ベネズエラのマドゥロ政権との経済取引を禁じる米独自制裁は外国企業や個人にも適用されると強調した。ボルトン氏はリマで開かれたベネズエラ情勢を巡る国際会議に出席。制裁をちらつかせて、マドゥロ大統領との決別の決断を各国に迫った形だ。

 ボルトン氏は、5日発令された、マドゥロ政権や政権支持者との取引を米企業や米国人に禁じた制裁に言及し、「政権と商取引をしたい第三者に合図を送っている。細心の注意が必要だ」と警告。制裁はイランや北朝鮮、シリアに対する措置と同…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです