メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車メーカー

踏み間違い、対策進む 急加速を抑制 高齢ドライバーを技術で支援

 高齢者の運転による交通事故が相次ぐ中、自動車メーカーがアクセルとブレーキのペダルの踏み間違いによる急加速を防ぐ装置の普及を進めている。新車に標準装備するだけではなく、購入後でも取り付けられる装置も開発。各社は、技術を駆使した安全対策をアピールしている。【小坂剛志】

 「ピピピピピ」。壁に向かってバックする軽自動車の車内に警報音が鳴り響くと、エンジン出力が抑制され車止めでタイヤが止まる。ホンダが今月9日に発売する全面改良した「N-WGN(エヌワゴン)」は、リアバンパーに取り付けたセンサーが障害物を検知するとアクセルを強く踏み込んでもエンジン出力を抑制する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」を全グレードに標準装備する。

 これはホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング」に含まれる技術で、これまでに18車種に標準装…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです