メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホルムズ海峡

有志連合、見えぬ全容 政府、参加なお慎重

 中東ホルムズ海峡などの航行安全を確保する米国の有志連合構想を巡り、エスパー米国防長官から協力要請を受けた岩屋毅防衛相は7日、改めて慎重に検討する考えを示した。構想の全容がなお見えない中、他国の参加状況などを見極める方針だ。

 「米国はもう『有志連合』という言葉は使っていない」。自民党本部で5日に開かれた外交部会などの合同会議で外務省幹部はこう述べた。

 米国のダンフォード統合参謀本部議長が、有志連合を検討していると明かしたのは7月9日。だが、その後は「有志連合」との表現は影を潜める。米国が3回開いた説明会は、いずれも「海洋安全保障イニシアチブ(構想)」と変わった。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです