メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

3年生存率72% 2012年診断、ほぼ前年並み 初公表、胆のうがん33%

 国立がん研究センターは8日、2012年にがんと診断された人の3年後の生存率を発表した。日本人がなりやすい大腸や肺、胃などがん全体で72・1%で、前年より0・8ポイント上がった。がんの種類別では、初めての公表となった難治性の胆のうがんが33・4%と低かった。【御園生枝里】

 全国のがん診療連携拠点病院など約300施設でがん登録した患者全体のデータを集計し分析した。

 また、昨年公表した大腸や肺、胃、乳房(女性)など11種類のがんのほか、喉頭や胆のう、腎、腎盂(じん…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです