メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

競泳・池江選手公表の血液がん 4分類→13分類に

 国立がん研究センターは8日、2017年にがん診療連携拠点病院など全国809施設で血液がんと診断された患者5万1936人について、13種類の血液がんに分類し集計した結果を発表した。びまん性大細胞型B細胞リンパ腫など「成熟B細胞腫瘍」が43・6%と最多で、20歳未満に限ると急性リンパ性白血病などの「前駆型リンパ球系腫瘍」が44・…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです