メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イトトンボ

除草剤で水草枯れ、半減 近大チーム「農薬リスク予測」

ホソミオツネントンボ=近畿大大学院生の江口優志さん提供

 昆虫に毒性がない除草剤でも、水田で繁殖するイトトンボ類に間接的に影響し生息数を減らすことが分かったと、近畿大などのチームが米専門誌で発表した。水田で使う殺虫剤が目的外の昆虫も減らすことは明らかになっていたが、除草剤の影響はこれまで不明だった。チームは「除草剤などの農薬が及ぼす生き物へのリスクを予測できる成果だ」と強調する。

 チームは除草剤の影響を調べるため、水槽(幅2.8メートル、奥行き1.2メートル、高さ40センチ)に水田の生態系を再現。除草剤と殺虫剤をメーカーが推奨する方法で使用し、使わない場合と比較した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです