メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀河

110億年前の宇宙で39個 東大チームが発見

アルマ望遠鏡が捉えた110億年以上前の巨大銀河の一部=東京大など提供

 110億年以上前の宇宙で活発に星をつくっていた大きな銀河を39個発見したと、東京大などの研究チームが発表した。初期宇宙では多数の大きな銀河は見つかっておらず、南米チリのアルマ望遠鏡を使って初めて捉えた。現在の巨大な楕円(だえん)銀河の祖先に当たるとみられる。英科学誌ネイチャー(電子版)に論文が掲載された。

 巨大な楕円銀河は、世界で初めて影の撮影に成功したブラックホールがある「M87」などが知られ、太陽1…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 沢尻容疑者逮捕 大河ドラマ出演予定のNHK「対応検討中」

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです