メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
科学の森

「福島第1」廃炉後どうなる 原子力学会、四つのシナリオ

 事故発生から間もなく8年半になる東京電力福島第1原発。廃炉作業が進むが、完了時の敷地の姿は見えていない。そんな中、日本原子力学会が議論の呼び水にしようと、最後を見据えた四つのシナリオ案を考えている。【荒木涼子、岩間理紀、奥山智己】

 ●百数十年後見据え

 「あの日から少しずつ廃炉作業が進み、がれきなど今後も廃棄物は増える。敷地の最後の姿をどのようにすることを目指すのか、議論を始める時だ」。日本原子力学会の「福島第一原子力発電所廃炉検討委員会」の委員長、宮野広・法政大客員教授(原子力工学)は数十年後、百数十年後を見据えて語る。「どんな姿を目指すかで期間も汚染廃棄物の量も異なる」からだ。

 学会は事故後の2014年8月に委員会を発足。廃炉作業に携わる国や東電、原子力損害賠償・廃炉等支援機…

この記事は有料記事です。

残り1417文字(全文1761文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです