メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

「福島第1」廃炉後どうなる 原子力学会、四つのシナリオ

 事故発生から間もなく8年半になる東京電力福島第1原発。廃炉作業が進むが、完了時の敷地の姿は見えていない。そんな中、日本原子力学会が議論の呼び水にしようと、最後を見据えた四つのシナリオ案を考えている。【荒木涼子、岩間理紀、奥山智己】

 ●百数十年後見据え

 「あの日から少しずつ廃炉作業が進み、がれきなど今後も廃棄物は増える。敷地の最後の姿をどのようにすることを目指すのか、議論を始める時だ」。日本原子力学会の「福島第一原子力発電所廃炉検討委員会」の委員長、宮野広・法政大客員教授(原子力工学)は数十年後、百数十年後を見据えて語る。「どんな姿を目指すかで期間も汚染廃棄物の量も異なる」からだ。

 学会は事故後の2014年8月に委員会を発足。廃炉作業に携わる国や東電、原子力損害賠償・廃炉等支援機…

この記事は有料記事です。

残り1417文字(全文1761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです