メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

鵜沢、男子100メートルに続き200メートルも優勝

 第12日は7日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムなどで6競技が行われ、陸上200メートルで男子は100メートル優勝の鵜沢飛羽(宮城・築館)が追い風参考ながら20秒36の好タイムで2冠を達成した。女子は石堂陽奈(北海道・立命館慶祥)が23秒67で優勝した。

 800メートルの男子は日本選手権覇者のクレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋)が2連覇し、女子はヒリアー紗璃苗(東京・明星)が制した。新体操の団体は、女子は常葉大常葉(静岡)が初優勝。男子は井原(岡山)が3年ぶり5度目の頂点に立った。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです