メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひきこもり

SNSで相談 「短い文なら言える」 内閣府、試験導入へ

 内閣府は、ひきこもりや不登校を抱える40歳未満の人を想定し、市町村などが会員制交流サイト(SNS)上で相談を受けるシステム作りを始める。全国の自治体には相談窓口はあるものの、ひきこもりの人には窓口を訪れたり、電話をかけたりすることに抵抗感を持つケースが多い。SNSを使って悩みを打ち明けやすい環境を整えるのが狙い。今秋にも一部自治体で試験導入し、全国展開を目指す。【堀和彦】

 利用者は、市町村や都道府県のホームページ(HP)などに掲示したQRコードをスマートフォンで読み取って、SNSに接続。地方自治体が全国97カ所(3月末現在)で運営する「子ども・若者総合相談センター」の職員が対応するシステムを想定している。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです