メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

浴衣 大阪市此花区・三谷裕子(無職・70歳)

 ゲートボールで全身汗だくの体をシャワーで洗い流し、爽快な気分で服を着る。紺地に白の茎と葉、赤い花模様のブラウスとスカート。もう少し顔が若かったら映えるのにな、と苦笑しつつ、「まあ、いいか」。

 二十歳すぎに作った浴衣。2回着ただけで、結婚してからは一度も日の目を見ないまま、タンスの底に眠っていた。雨でゲートボールの中止が続いたとき、思い切って解き、洋服に仕立て直した。紺地のため、解くのも縫うのも見づらくて難儀したが、1人暮らしの家の中だけで着るのだから、多少の不出来には…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです