メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフリカ開発会議

ごみ管理を支援 モザンビーク処分場改修、モデル事業に 政府表明へ

分別されずに大量のごみが山積みされたモザンビーク・マプトのフレネ廃棄物処分場=環境省提供

 ごみが山積みされるなど処理施設の整備が遅れるアフリカ諸国に対し、日本政府は、廃棄物処理の管理や人材育成に向けた支援を始める。ごみの山が崩落して多数の犠牲者が出たモザンビークの処分場改修に年内にも着手し、モデル事業と位置付ける方針。

 高い廃棄物処理技術を持つ日本らしい取り組みとして、28日に横浜市で開幕する第7回アフリカ開発会議(TICAD7)で各国への支援を表明する。各国が費用を抑えつつ、短期間で取り組める内容を提示するという。

 昨年2月、モザンビークの首都マプトにあるフレネ廃棄物処分場で、高さ数十メートルまで積み上げられたご…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文850文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです