メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎新幹線

佐賀知事、4者協議拒否 フル規格反対続く

 九州新幹線・長崎ルート(博多-長崎)の佐賀県内を通る未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)の整備方式を巡り、佐賀県の山口祥義(よしのり)知事は7日、与党プロジェクトチーム検討委員会が決めたフル規格での整備方針が前提の場合、国などとの協議には応じない考えを示した。新幹線整備は地元自治体が建設費の一部を負担することが前提となるため、佐賀県が反対する現状では未着工区間は前に進まないことになる。

 与党検討委は5日、未着工区間についても建設中の区間と同じフル規格で整備する方針を決定。山本幸三委員…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文715文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  4. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです