メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浜辺美波

「SAO」好きを明かす 伊藤智彦監督に「お会いできるのがうれしかった」

劇場版アニメ「HELLO WORLD」のプロジェクト始動イベントに登場した浜辺美波さん

[PR]

 アニメ「ソードアート・オンライン(SAO)」「僕だけがいない街」などの伊藤智彦監督が手がけるオリジナル劇場版アニメ「HELLO WORLD」(9月20日公開)のプロジェクト始動イベントが8月8日、東京都内で行われ、声優を務める浜辺美波さんが登場した。浜辺さんは「アニメを見るのがずっと好きで『ソードアート・オンライン』もずっと見ていて、劇場版を見に行くぐらい好きだった」と明かした。

 浜辺さんは、今回声優としての出演が決まった時、「まず、伊藤監督にお会いできるのがうれしかった。お仕事ができるのは、緊張もあったが、伊藤監督とご一緒できることがすごくすごくうれしかった」と思いを語った。イベントには、声優として出演する北村匠海さん、松坂桃李さん、伊藤監督、主題歌を担当する「OKAMOTO’S」「Official髭男dism」「Nulbarich(ナルバリッチ)」も登場した。この日、会場には天井高7.5メートル、幅25メートルに投影可能なプロジェクターが登場し、アニメのスペシャル映像が公開された。

 「HELLO WORLD」は、「正解するカド」などの野崎まどさんが脚本、「けいおん!」などの堀口悠紀子さんがキャラクターデザインを担当し、「楽園追放 -Expelled from Paradise-」などのグラフィニカが製作。北村さんが高校生の主人公・堅書直実、松坂さんが10年後の未来からやってきたカタガキナオミ、浜辺さんがヒロイン・一行瑠璃(いちぎょう・るり)をそれぞれ演じる。

 物語の舞台は2027年の京都で、内気な男子高校生・直実の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミが突然現れる。ナオミによれば、瑠璃は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうという。直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、現実世界に隠された秘密を知ることになる……という展開。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです