メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおかフィナンシャルグループが「スマホ銀行」設立

ふくおかフィナンシャルグループ本社=福岡市中央区大手門1で2019年6月3日、浅川大樹撮影

 福岡銀行など地方銀行4行を傘下に置くふくおかフィナンシャルグループ(FG)は7日、インターネット専業銀行の開業に向けて準備会社を設立すると発表した。地銀が実店舗を持たないネット専業銀行を設立するのは初めて。名称は「みんなの銀行」を予定しており、2020年度後半の開業を目指す。超低金利政策や人口減少など地銀を取り巻く環境が厳しさを増す中、若者など新たな顧客の取り込みを図る。

 今月中旬に準備会社を設立し、金融庁からの銀行免許取得に向けた手続きを進める。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです