メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業の脱プラスチック取り組み加速、セブンは生分解性ストロー採用

セブン-イレブン・ジャパンが高知県内の41店舗のカフェ用に試験導入した生分解性プラスチックのストロー=同社提供

 プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化する中、新素材の開発や脱プラスチックの取り組みが企業で加速している。自然に分解したり、植物性繊維を混ぜたりした新素材を考案。環境保護に取り組む企業姿勢をアピールするとともに、将来の収益基盤になり得るとみて、設備投資や開発などを加速する。

 「ストロー希望の方は店員にお声掛けを。天然由来の原料を成分とした地球環境に優しいストローをお渡しします」。セブン―イレブン・ジャパンの高知県内全41店舗では6日から、カウンターでこんな掲示がされた。自然に分解する「生分解性プラスチック」でつくったストローを、いれたてを楽しむセブンカフェのアイスコーヒー用に試験導入した。

 カウンターには、飲み口が付いたストローなしでも飲めるフタだけを置き、ストローは置かない。ストローが…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1155文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです