メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電東通原発建設、共同事業へ 実現に向け課題も

新会社設立に向け調整する4社の課題

 東京電力ホールディングス(HD)は、建設を中断している東通原発(青森県東通村)について、中部電力と日立製作所、東芝と新会社の設立を視野に共同事業化に向けた調整を進めている。東電は来年度までに協力の枠組みを固め、建設再開を目指す方針だが、事故時の責任分担などを巡り温度差もあり、各社は慎重に調整を進める方針だ。

 4社はいずれも福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉(BWR)の建設や運営を手掛けてきた。この4社が東通…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文837文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです