メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武器は「フィンテック」 相次ぐ異業種から金融事業への参入

店を出た後に飲食代をスマホで割り勘する日本瓦斯社員=東京都渋谷区で2019年4月19日午後0時53分、内藤絵美撮影

 最新の情報技術(IT)を活用した金融サービス「フィンテック」を武器に異業種から金融事業への参入が相次いでいる。スマートフォンで送金・決済ができる手軽さと格安の手数料、きめ細かい商品設計が特徴で、新規顧客を開拓。迎え撃つ大手銀行など既存金融機関は同様のサービスで対抗しつつ、IT企業との提携も模索する。かつてないスピードで地殻変動が進む業界の現状を探った。

この記事は有料記事です。

残り3003文字(全文3181文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです