元暴走族総長のイケメン、瀧川鯉斗さん 41年ぶり名古屋出身真打ち 13日から大須で披露口上 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「同世代の人たちと新しい落語を作り上げたい」と話す瀧川鯉斗さん=名古屋市中村区で2019年7月25日午前10時54分、大野友嘉子撮影
「同世代の人たちと新しい落語を作り上げたい」と話す瀧川鯉斗さん=名古屋市中村区で2019年7月25日午前10時54分、大野友嘉子撮影

 落語家の瀧川鯉斗(こいと)さん(35)が今年5月、真打ちに昇進した。落語芸術協会(東京)が把握する限りでは、名古屋市出身の真打ちは1978年に昇進した三遊亭圓丈さん以来という。秋には立川三四楼さん(43)が昇進を控えており、地元の演芸関係者は「名古屋の落語界が盛り上がるきっかけになれば」と期待を寄せる。【大野友嘉子】

 身長182センチ、りりしい眉が映える野性的な顔立ち――。鯉斗さんが出演する落語会は女性客でいっぱいだ。高級宝飾ブランド「ティファニー」のウェブCMにも起用された「落語界一のイケメン」として知られる。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文813文字)

あわせて読みたい

ニュース特集