メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朱や紫、拝殿彩る着物 福岡・吉富町の神社で「乾衣祭」

色鮮やかな御衣が虫干しされ、拝殿を彩った乾衣祭=福岡県吉富町小犬丸で2019年8月7日午後3時50分、出来祥寿撮影

 福岡県吉富町小犬丸の「八幡古表(はちまんこひょう)神社」(熊谷房長宮司)で6、7日、来年の夏季大祭「放生会(ほうじょうえ)」で奉納される「細男舞(くわしおのまい)」の着物を干す神事「乾衣祭(おいろかし)」があった。

 細男舞は、周防灘の船上などで神様の人形が相撲をとる「神相撲」とともに国の重要無形民…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです