メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

淡水真珠、輝き戻ったが…養殖復活実験に幕 採算面で壁 滋賀・平湖

イケチョウガイを開き、最後の玉出しをする滋賀県草津市の橋川渉市長(左)ら=草津市志那町で2019年7月20日午前9時31分、礒野健一撮影

 滋賀県草津市は琵琶湖の内湖の一つ「平湖(ひらこ)」(同市志那町)で2012年度から続けてきた「淡水真珠」の養殖実験を、今年度で終了する方針を決めた。淡水真珠の一大拠点だった平湖での養殖は、水質の悪化や外国産の安価な真珠の台頭などで衰退。水質環境の改善と産地復活を目指してきたが、採算面をクリアすることができず、幕を閉じることになった。

 真珠の養殖はアコヤガイを母貝に使うのが一般的だが、琵琶湖での淡水養殖真珠は、琵琶湖の固有種「イケチ…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです