草木を供養する「草木塔」 中国、韓国の研究者らが見学 山形・米沢市

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
草木塔(左)を見学する中国、韓国の研究者ら=山形県米沢市で2019年8月6日午前9時33分、佐藤良一撮影
草木塔(左)を見学する中国、韓国の研究者ら=山形県米沢市で2019年8月6日午前9時33分、佐藤良一撮影

 山形県米沢市の農村文化研究所(遠藤宏三理事長)が同市で3日に開いた「農村文化ゼミナール」に参加した中国、韓国の研究者ら7人が6日、全国的にも珍しい草木を供養する「草木塔」を見学した。参加者は「アジアでも失われた、自然の命を信仰する石塔を初めて見た」と感激していた。

 日本の農村を民俗調査している中国・広東外語外貿大の劉勁聡教授(51)、雲南大の譚同学教授(41)、農村文化研究所長を務める佐野賢治・神奈川大教授のゼミの客員研究員として…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

ニュース特集