メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛鳥京跡苑池に人為的に水を流した施設の遺構 天皇の祭祀に深く関係か

 国内初の本格庭園と位置づけられる奈良県明日香村の飛鳥京跡苑池(えんち)(7世紀)の発掘調査で、水が湧き出る場所(湧水(ゆうすい)点)を中心に石組みで人為的に水を流した施設の遺構が見つかったと県立橿原考古学研究所(橿考研)が8日、発表した。天皇のみそぎなど祭祀(さいし)に深く関係したものとみられる。南北二つの池で構成される苑池は従来、主に観賞用と考えられてきたが、役割の再考につながる発見で、専門家も注目している。

 5月以降、北池の北東部の約476平方メートルを調べたところ、1辺約80センチ~1メートルの枡(ます…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです