メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測

羽田新ルートを正式決定 都心上空を飛行 来年3月から運用 国交省

羽田空港の新離着陸ルート

 国土交通省は8日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて羽田空港の国際線を増便するために東京都心上空を飛行する新ルート計画を来年3月29日から運用すると発表した。羽田の国際線の年間発着回数は約3万9000回増えて約9万9000回に拡大する。国交省は増枠分のうち約半数は米国路線に割り当てる方針で、残りの増枠分については各国の航空当局との交渉を急ぐ。

 この計画を巡っては、7日に開かれた協議会で関係自治体側が了承する意向を示していた。石井啓一国交相は8日の記者会見で「騒音・落下物対策や情報提供に関する関係自治体からのご意見、ご要望を受け止め、丁寧に対応していくことを前提に地元の理解が得られたものと判断した」と述べた。また、東京都の小池百合子知事は「東京大会の円滑な実施のため羽田空港の機能強化は極めて重要。都として今後とも積極的に協力する」とのコ…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊島区女性不明 栃木で遺体の一部発見 29歳を死体遺棄容疑で逮捕へ

  2. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測 JAXAチーム回収へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです