福島第1原発「燃料デブリ取り出しは21年に2号機から」 廃炉戦略プラン概要発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2号機の格納容器底部に落下した燃料デブリと思われる堆積(たいせき)物=国際廃炉研究開発機構提供
2号機の格納容器底部に落下した燃料デブリと思われる堆積(たいせき)物=国際廃炉研究開発機構提供

 東京電力福島第1原発の廃炉作業を支援する原子力損害賠償・廃炉等支援機構は8日、2019年版の廃炉戦略プランの概要を発表した。炉心溶融(メルトダウン)した1~3号機で核燃料が溶けて構造物と混じり合った燃料デブリの取り出しについて、「初号機を2号機とするのが適切」と明記した。これを踏まえ政府・東電は今年度中に、廃炉に向けた工程表を「21年に2号機からデブリ取り出しを始める」と改定する。

 現行の工程表は、デブリの取り出しを「保管方法なども含めて19年度までに確定し、21年内に(いずれかの号機で)取り出しを開始」としている。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文804文字)

あわせて読みたい

注目の特集