メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落事故 遺族夫婦が映画製作 「グリーフケア」テーマに

新作映画のロケハンで映像を確認する工藤康浩さん、理佳子さん夫妻=神奈川県鎌倉市で2019年8月3日午後0時40分、菊池陽南子撮影

 1985年8月に群馬県上野村に日航ジャンボ機が墜落し520人が犠牲になった事故から12日で34年になる。この事故で妻を失った東京都足立区の1級建築士、工藤康浩さん(59)は、事故後に再婚した妻理佳子さん(57)と共に「グリーフ(悲嘆)ケア」をテーマに映画を製作している。「映画を通じて、世の中にグリーフとのつきあい方の一つを伝えられたら」と願いを込める。

 グリーフケアとは、親や配偶者、子どもなど身近な人との死別で悲嘆に暮れる人に寄り添い支援する活動で、60年代に米国で始まり、日本では95年の阪神大震災を機に知られるようになった。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです