メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高い放射線量、ロボットも相次ぐトラブル さまざまな状態のデブリも課題

燃料デブリ試験的取り出し用装置の試作機。先端部のブラシで採取する=国際廃炉研究開発機構・三菱重工業提供

 東京電力福島第1原発の廃炉作業を支援する原子力損害賠償・廃炉等支援機構は8日、2019年版の廃炉戦略プランの概要を発表した。

 原子炉格納容器内の放射線量は極めて高く、人が作業をできる環境ではない。狭い所で燃料デブリの塊を切ったり削ったりするには遠隔操作できる新たなロボットが必要になってくる。そのロボットも放射線の影響を受けるため、順調に作動させるのは困難を極める。トラブルなくデブリを取り出すには、慎重な計画が欠かせない。

 「(東電が6回目の調査でデブリに)触れたことは大きいが、まだ序盤戦。今後の『戦い』がどう予想される…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです