メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発、燃料デブリ取り出し 施設解体、放射性廃棄物処理など難題も

廃炉作業が進められている福島第1原発の(右から)1~3号機=福島県で、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 東京電力福島第1原発の廃炉作業を支援する「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」は8日に公表した廃炉戦略プラン(2019年版)の概要で、核燃料が溶けて構造物と混じり合った「燃料デブリ」について、2号機から取り出すのが適切だと明記した。

 政府と東電は、技術戦略プランの概要の提言を踏まえ、今秋にも廃炉工程表を改定する方針だ。燃料デブリの取り出しは大きな節目で、廃炉に向けて次の段階に踏み出すことになるが、前途多難な状況に変わりはない。

 工程表では、政府が「原子炉が冷温停止状態」とした11年12月から廃炉までの期間を三つに分けており、それぞれの取り組み内容を決めている。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです