メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浅間山噴火 「風評被害怖い」 長野県は安全性をアピール

浅間山

 7日夜の浅間山の噴火で、群馬、長野両県によると、けが人や行方不明者、農作物や建物への被害は確認されなかった。しかし、周辺は観光地だけに地元の観光関係者からは風評被害を心配する声が上がった。

 浅間山のふもとにある「鬼押出し園」(群馬県嬬恋村鎌原)は噴火から一夜明けた8日、火口から半径4キロの入山規制にかかる可能性がある一部区画を除き営業した。1783(天明3)年の噴火で広がった溶岩を見学でき、8月は年間で一番の集客時期。広報担当者は「風評被害で危…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです