メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青春の記憶

花園名勝負(5)第90回大会 「認定トライ」で劇的な幕切れ 福岡-本郷

【福岡14-8本郷】第90回全国高校ラグビー大会の本郷との1回戦で、試合終了間際に相手選手のハイタックルにより、福岡のWTB福岡堅樹のプレーは認定トライに。福岡は劇的な逆転勝利を収めた=東大阪市の花園ラグビー場で2010年12月28日、兵藤公治撮影

 ドラマは、最後の最後に待っていた。記念大会となった2010年度の第90回全国高校ラグビー大会1回戦。28大会ぶりに出場した福岡(福岡第2)と本郷(東京第1)の一戦で、劇的な決勝トライを奪ったのは福岡の当時3年生で、現在は日本代表WTBとして活躍する福岡堅樹(パナソニック)だった。

 1点を追う展開で、試合時間は残り十数秒。当時監督だった森重隆氏(現日本ラグビー協会会長)が「つなげ、つなげ」と叫ぶ声がグラウンドに響いた。中央ラック付近に相手選手が集まっているのを確認した福岡は、左サイドで「外に(ボールを)くれ」と声を張った。

 高校時代から50メートル5秒8の異次元の速さを誇った福岡。自陣左中間の10メートルライン付近でパス…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文984文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです