連載

北海道ローカルグルメ

ジンギスカンやザンギなど全国的知名度の高い食べ物を多数抱える食の宝庫、北海道。一方で、知名度は限定的でも、豊富な食材を生かした「ローカルグルメ」も道内各地に存在する。各地で愛されるご当地グルメを追った。

連載一覧

北海道ローカルグルメ

旭川しょうゆ焼きそば 米粉麺に道北具材彩る /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
もちもちの米粉麺、旭川産しょうゆダレ、道北の具材が持ち味の旭川しょうゆ焼きそば=旭川しょうゆ焼きそばの会提供
もちもちの米粉麺、旭川産しょうゆダレ、道北の具材が持ち味の旭川しょうゆ焼きそば=旭川しょうゆ焼きそばの会提供

 ご当地B級グルメの祭典「B-1グランプリ」で静岡県の「富士宮やきそば」が初代王者になったことなどをきっかけに、それぞれの土地の食材を使った焼きそばによる町おこしが盛んだ。旭川市では全国的に有名なしょうゆラーメンの弟分として「旭川しょうゆ焼きそば」がじわりと存在感を高めている。

 誕生したのは、道北の食の祭典として知られる「北の恵み 食べマルシェ」の第1回の2010年。今や3日間で100万人を集める大規模なイベントの初開催に合わせ、旭川市周辺の食品会社などでつくる旭川食品加工協議会が開発した。

 ラーメンやそばが親しまれる土地柄で高い製麺技術を持つ会社があり、豊富な地元の食材を生かせる点に着目。旭川産米粉と道産小麦を使った麺を使い、老舗の「日本醤油(しょうゆ)工業」が製造するしょうゆを使ったタレで味付けし、道北の食材を具材に使うことを「掟(おきて)」に、旭川ならではのこだわりを追求。11年には販売店舗などで「旭川しょうゆ焼きそばの会」が結成された。イベント時のみの4店を含め、提供店舗は1…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1231文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集