メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

音別ふき蕗団 フキの復興を柱に活動 /北海道

昨年種まきしたフキ畑で、生育状態などを確認する伊藤さん

 釧路市音別町(旧・音別町)の「一般社団法人音別(おんべつ)ふき蕗(ふき)団」が、フキの栽培や商品化に取り組んでいる。市や地元企業、生活困窮者、障害者らの就労支援団体などの協力を得て、雇用の創出や地域の活性化を目指す。

 設立は2017年。中音別地区に移住してきた伊藤まり代表理事が、同地区の高齢の離農者4人と共に設立した。

 設立の背景には、最盛期1万人以上いた人口が1800人を割ったこと。かつて豊富に自生していたフキが、自然環境の変化や乱獲などで激減したことから、フキの復興を柱に活動し始めた。

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念で

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです