メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水難事故

震災で閉鎖、監視員いない荒浜海水浴場で相次ぐ 「遊泳危険」亘理町呼びかけ /宮城

東日本大震災以降、閉鎖されている荒浜海水浴場=宮城県亘理町荒浜で

 2011年の東日本大震災以降閉鎖され、監視員がいない亘理町荒浜の荒浜海水浴場で水難事故が相次いでいる。8月に入り、暑さのピークを迎えた県内。お盆休みシーズンを前に、町は「監視員がいない状況での遊泳は危険なので控えてほしい」と注意を呼びかけている。

 震災前は県内有数の遠浅で人気があった同海水浴場。しかし、震災後は防潮堤整備など復旧事業のために閉鎖され、夏のシーズン中も監視員がいない状態が続いていた。

 昨年8月、ゴムボートに乗って遊んでいた男性が岸に戻れなくなり、県の防災ヘリに救助された。今月3日に…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです