メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019夏・ちば/4止 体験朗読者 斎藤路子さん(69)=習志野市 /千葉

母の体験記が掲載された証言集を手に、「戦争や原爆について子どもたちに伝えていきたい」と話す斎藤路子さん=千葉県習志野市で

「2世」が悲惨さ伝えなければ

 長崎原爆の被爆2世、斎藤路子さん(69)は7月下旬、悲惨な戦争や核兵器の脅威を伝えて平和の尊さを訴える習志野市の「被爆体験朗読者」として活動を始めた。「被爆2世として原爆について伝えていかなければいけない」。広島と長崎に原爆が投下されて74回目の夏、その思いを強くしている。

 斎藤さんの母、小田トシ子さんは20歳だった1945年8月9日午前11時2分、勤務先の造船所が疎開し…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです