メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳ケ瀬音頭

20年ぶり復活 昭和30年代の活気再び 商店街であす、初「夏まつり」 /岐阜

「ぎふ柳ケ瀬夏まつり」をPRする岡田さや加実行委員長(右から2人目)と安田多賀子顧問(同3人目)=岐阜市役所で

 昭和30年代の岐阜・柳ケ瀬商店街の隆盛を取り戻そうと「ぎふ柳ケ瀬夏まつり」(県、岐阜市など後援)が10日、柳ケ瀬本通りを中心に初開催される。柳ケ瀬の象徴だった「柳ケ瀬音頭」は、商店街の衰退とともに約20年前に途絶えたが、まつりの象徴として、「実行委員会」(岡田さや加委員長、安田多賀子顧問)が主催し、復活させる。【高橋龍介】

 「はなのやながせ さくらのたより」で始まる「柳ケ瀬音頭」は、地元のイベントなどで踊られなくなった後…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです