メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祇園祭2019

「祝い提灯」32基、花街に彩り 神輿洗、出迎え喝采 サバや海老芋…変わり種 /京都

祇園の花街を練り歩く祝い提灯の行列=京都市東山区祇園町南側で2019年7月28日、澤木政輝撮影

 今年の祇園祭は創始1150年を迎え、鷹山の唐櫃(からびつ)巡行や、還幸祭で又旅社に3基の神輿(みこし)が勢ぞろいしての差し上げなどが話題を呼んだ。7月10、28両日の神輿洗では、さまざまに趣向を凝らした「祝い提灯(ちょうちん)」32基が出て神輿を迎え、28日には祭り囃子(ばやし)の伴奏で祇園(京都市東山区)の花街を練り歩いて喝采を浴びた。【澤木政輝】

 お多福に陣太鼓、だるま、豆腐田楽、ハモ、コーヒーカップ--。神輿が四条大橋に向かう通りの両側に、色…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文952文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです