メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争カルタ」原画展

戦時中の生活描いたカルタ “子供目線の戦争”感じて 大淀町文化会館で17日まで /奈良

戦争カルタを掲載した、戦争を語り継ぐ証言集を手にする宮川米子さん=奈良県大淀町で、萱原健一撮影

 戦時中の生活などを子供の視点で戦後に振り返って作った「戦争カルタ」の原画展が、大淀町文化会館で始まった。戦争の悲惨さを伝えるため2014年から毎年開催している。カルタの標語を考えた同町の宮川米子さん(87)は「日本の子供たちは平和が当たり前だと思っている。それが心配」と話し、平和の尊さを伝える語り部活動を今も続けている。展示は17日まで。11~13日は休館。【萱原健一】

 カルタは町教委の学校支援地域本部が教材などとして2010年に製作を依頼し、当時町職員だった前田晃宏さんが絵を描いた。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです