春日大社親と子の写生会

作品紹介/6 奈良商工会議所会頭賞/奈良交通賞 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示作品を熱心に見つめる子供たち=奈良県大和郡山市下三橋町のイオンモール大和郡山で、佐藤英里奈撮影
展示作品を熱心に見つめる子供たち=奈良県大和郡山市下三橋町のイオンモール大和郡山で、佐藤英里奈撮影

入賞作品展始まる11日まで・イオンモール大和郡山

 先月20日に開かれた「第70回春日大社親と子の写生会」(春日大社主催、県、奈良市、毎日新聞社、毎日新聞奈良三重専売会など後援)の入賞作品展が8日、大和郡山市下三橋町のイオンモール大和郡山3階で始まった。未就学児から大人まで幅広い年齢層の作品112点が並び、来場者は足を止めて見入った。11日まで。

 作品には何色も重ねた鳥居やシカ、灯籠(とうろう)などが描かれた。講師と審査をした伊東和彦さん(80)は「子どもの自由な発想で描いた絵が多く、大人でも描けないような上手な絵もあった。いい絵ばかりで何度も絵を見返して審査した」と話した。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集