メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤磐市

走行データで道路管理 トヨタと連携、実証実験 /岡山

 赤磐市はトヨタ自動車などと連携して、車に搭載された振動センサーやドライブレコーダーで道路状況の情報を収集し、交通安全対策や道路の維持管理に生かす実証実験を始めている。これまで目視で行われてきた道路状況の確認作業が効率化できる可能性が見込まれている。

 実験では、一般ドライバーが運転するデータ通信機能付きの車と、ドライブレコーダーを設置した公用車からトヨタのデータセンターに走行データが送られる。センターは受け取ったデータを分析し、道路に空いた穴や落下物などの情報を市…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです