メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写生大会

絵になる風景見つけた 県内高校美術部員が尾道で /広島

千光寺から尾道水道を描く高校生=広島県尾道市東土堂町で、渕脇直樹撮影

 県内公私立の高校美術部員が尾道市内でスケッチ画に取り組む「尾道を描く」が9日まで開かれている。35校の226人が尾道水道や商店街などで絵筆を走らせている。

 県高校美術連盟が主催する24回目の写生大会。生徒は3日かけて作品を完成させる。市内など4カ所で分散合宿し、親睦を深める。

 県立戸手高2年の吉川裕子さん(17)は…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです