メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写生大会

絵になる風景見つけた 県内高校美術部員が尾道で /広島

千光寺から尾道水道を描く高校生=広島県尾道市東土堂町で、渕脇直樹撮影

 県内公私立の高校美術部員が尾道市内でスケッチ画に取り組む「尾道を描く」が9日まで開かれている。35校の226人が尾道水道や商店街などで絵筆を走らせている。

 県高校美術連盟が主催する24回目の写生大会。生徒は3日かけて作品を完成させる。市内など4カ所で分散合宿し、親睦を深める。

 県立戸手高2年の吉川裕子さん(17)は…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです