メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

教育虐待、なぜ起きるの? 学歴偏重主義根強く 子供の頑張り認めて=回答・牧野宏美

名古屋地裁の入る建物=名古屋市中区で、野村阿悠子撮影

 なるほドリ 子供が耐えられる限度(げんど)を超えて勉強させることを「教育虐待(きょういくぎゃくたい)」と呼ぶと聞いたけど、どうして起きるのかな?

 記者 教育ジャーナリストのおおたとしまささん(45)によると、親に学歴偏重(がくれきへんちょう)主義が根強く残っているからです。「親の腕次第で子供の成績が伸びる」などの主張がメディアで取り上げられ、親が頑張ってしまう傾向も強いです。

 Q 具体的には親はどんなことをするの?

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです