連載

滝野隆浩の掃苔記

社会部・滝野隆浩専門編集委員のコラム。

連載一覧

滝野隆浩の掃苔記

東京で原爆追悼の夏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滝野公園(東京都江戸川区)にある原爆儀税者追悼碑。原爆投下時刻に噴水から水が出て碑にかかるようセットされている
滝野公園(東京都江戸川区)にある原爆儀税者追悼碑。原爆投下時刻に噴水から水が出て碑にかかるようセットされている

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「名字と同じ名前の公園が都内にあるの、知ってます?」。雑誌記者の村田くみさん(49)に聞いて、東京都江戸川区の滝野公園に足を運んだ。「原爆の図」の丸木位里・俊夫妻の原爆犠牲者追悼碑があるという。

 暑い--。地下鉄東西線の葛西駅から5分歩いただけで、シャツの背中が汗でぬれる。手前の公園の池で子供たちがはしゃいでいた。南北に長い公園には遊具はなく、敷地を取り囲む樹木とベンチだけ。南西の隅に、追悼碑はひっそり建っていた。

 緑がかった2メートル四方の自然石に、花をくわえた白いハトの絵がある。ハトの中に朱色の線で母子が描かれている。碑に手を合わせれば、それが被爆地の方向だ。丸木夫妻から「下絵は描くから、自分たちで彫りなさい」と言われ、被爆者と支援者200人が40日かけてこつこつ彫ったという。1981年7月に完成。翌年、原爆の熱線で焼かれた「原爆瓦」が寄贈され、83年に「平和の鐘」を設置。さらに85年に広島・長崎両市か…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文875文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集