特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

被爆74年、長崎原爆の日 生の証言を我が事に=今野悠貴(長崎支局)

核兵器廃絶を求める署名活動で街頭に立つ田平彩乃さん(中央)=長崎駅前で6月13日、田中韻撮影
核兵器廃絶を求める署名活動で街頭に立つ田平彩乃さん(中央)=長崎駅前で6月13日、田中韻撮影

 米国による広島、長崎への原爆投下から74年がたった。被爆地では、今年も被爆者らが、さまざまな手法で核兵器廃絶や平和な世界の実現を求めている。しかし、日本政府は、被爆者らが求める核兵器禁止条約への署名・批准に否定的立場を崩さず、核廃絶の願いが届いているとは言い難い。私は、被爆者の生の声を聞き続けて思う。核が現在進行形の問題である以上、原爆の惨禍を身をもって知る被爆者たちの訴えを、昔話ではなく我が事として受け止められる社会を築いていかなければならないと。

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文2038文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集