メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国ブーム

政治無縁、日本に熱 ファッション・グルメ、最新トレンド発信地 若者世代にSNSで拡大

伸びるチーズが「インスタ映え」するとして人気があるチーズドッグ「ハットグ」を食べる若者=東京・新大久保で2019年7月18日、北山夏帆撮影

 レーダー照射、元徴用工問題、対韓輸出規制--。日本と韓国の政治状況は急速に冷え込んでいる。ところが政治とは対照的にここ数年、日本の若者の間では空前の韓国ブームが起きていた。取材を進めると、両国関係の新しい可能性が垣間見えた。【日下部元美】

 □「ハングルを勉強」

 7月中旬、記者が東京・新大久保のコリアンタウンを訪れると、中高生や20代の若者があふれていた。平日のお昼過ぎにもかかわらず、まるで観光地のようなにぎわいだ。

 「自分の周りでは韓国のコスメ(化粧品)やアイドルがブームです」。埼玉県から来た中学2年、もえかさん…

この記事は有料記事です。

残り3179文字(全文3439文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです