メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森・東通原発

再開へ新会社 東電など4社調整 責任分担巡り温度差も

新会社設立に向け調整する4社の課題

 東京電力ホールディングス(HD)は、建設を中断している東通原発(青森県東通村)について、中部電力と日立製作所、東芝と新会社の設立を視野に共同事業化に向けた調整を進めている。東電は来年度までに協力の枠組みを固め、建設再開を目指す方針だが、事故時の責任分担などを巡り温度差もあり、各社は慎重に調整を進める方針だ。

 4社はいずれも福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉(BWR)の建設や運営を手掛けてきた。この4社が東通原発で共同事業を模索するのは、それぞれの事情がある。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです